糖質について

/

症状から記事を探す

世間では「糖質制限」「糖質カット」「糖質ダイエット」などとよく聞きますよね!

では、そもそも糖質とは何なのか?今回伝えていきたいと思います😊

糖質とは

三大栄養素のひとつで炭水化物から食物繊維を除いたもので、主に体のエネルギー源として使われます。

人間のエネルギーを生み出す栄養素は糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質です。

糖質の必要量

一般的には、1日約100gの糖質が最低限必要であると言われています。

1日の活動に必要なたんぱく質の摂取目安量は、厚生労働省によって決められています。

デスクワーク中心であれば1日約260gが適正だと言われています。

レディ|シルエット イラストの無料ダウンロードサイト「シルエットAC」

活発に運動をする人はその約2倍の糖質を摂取する必要があると考えられます❗

ウォーキングをする女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

糖質の役割

体を動かす材料として、一番最初に使われるのが糖質です

糖質のほとんどは、体内に入ると消化器官でブドウ糖へと分解され、血液といっしょに全身に巡ります。

を動かしたり生命維持をしていくためには、ブドウ糖が必要不可欠な栄養素です!

糖質は、24時間使われています!

活動時のみならず、私たちが寝ている間もずっとエネルギーを消費し続けています。

活動量時間でエネルギーに変えられる栄養素が異なります😮

例えば、フルマラソンやトライアスロンなどの長時間の運動には主に脂質が使われるが、400mや800mの中距離走のような短時間の運動には糖質が使われます。

このように体の中でエネルギーを使い分けています!

糖質が多く含まれるもの

主にご飯パンなどの主食に多く含まれています。

炭水化物のイラスト(栄養素) | かわいいフリー素材集 いらすとや

その他にも、麺類やじゃがいも・さつまいもといった穀物にも多く含まれます。

ドーナツ・ケーキなどの砂糖をたくさん使っているお菓子も糖質は多いです。

お菓子・ドリンク・調味料】糖質量・カロリーの一覧|糖質量まとめ

まとめ

このように糖質は脳や体を動かすためにとても大切な栄養素となります!

しかし、大切だからといって糖質を過剰に摂取することは体に悪影響を及ぼしてしまいます💦

では、糖質の摂りすぎでは具体的に体にどのよう影響がでるのか。

次回お話していきたいと思います😊

 

 

 

 

 

著者 Writer

著者画像
スタッフ
松岡 かん奈(マツオカ カンナ)
生年月日:1997年10月23日 
血液型:A型 
出身:香川県 
趣味:映画鑑賞 
得意な施術:鍼灸・美容鍼・疲労回復ケア 

ご来院される皆様へ一言:
美と健康両方を手に入れたい方、私にお手伝いさせて下さい!
 

当院のご紹介 About us

院名:みらい鍼灸整骨院
住所〒180-0022 東京都武蔵野市境2-3-20
ミリエールしろがね101
最寄:JR中央線「武蔵境駅」北口から徒歩4分 
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
20:00

9:00~12:30/
17:00~20:00

9:00~17:00
×
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日(偶数月→終日休診)(奇数月→午後休診)

【公式】みらい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント みらい鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】みらい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント みらい鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】みらい鍼灸整骨院院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中