花粉症のメカニズムとは?

/

症状から記事を探す

▽辛い時期がやってきました

寒い日が少しずつ暖かくなり、穏やかな春を迎えようとしています。

気持ちよく外の空気を吸ってみたら、くしゃみ・鼻水・目の痒みが出迎えてくれました。

 

そうです、花粉症の始まりです。

花粉症の症状が出ている方が年々増えており、患者様でも辛い症状に悩んでいる方が多いです。

花粉症ってどんな仕組みか知っていますか?と聞いてみると、「よく分からない」と答える方がほとんどでした。

なので今回は花粉症のメカニズムについて簡単に話していきましょう

 

▽花粉症は免疫の過剰反応です

 

花粉症とは、アレルギー反応の一つです。

アレルギー反応とは、無害な物質に対して免疫が異常な反応をすることをいいます。

涙目や眼のかゆみ、鼻水、皮膚のかゆみや発疹、くしゃみなどが起こります。 (アナフィラキシー反応なども)

なので花粉症を一言で表すと、

花粉症=免疫の過剰反応 です。

花粉症は、花粉が粘膜から体内に入ることにより花粉アレルゲン(抗原)となり、免疫が反応してヒスタミンを大量に放出します。

そうすることで粘膜が炎症を起こし症状が出ます。

アレルゲンとなっている花粉を、外に出してカラダを助けてあげようと免疫達は頑張っています頑張って外に出した結果が、くしゃみ・鼻水・目の痒みといった症状に繋がります。

カラダの細胞それぞれが良いことをしようとしているのに、なんだか悲しいですよね。

▽お薬の効果や外科手術

 

症状が辛くてどうにもならない!

そういう時には市販でお薬を購入、もしくは病院の受診をしますよね。

飲み薬・点鼻薬・目薬はヒスタミンを抑える、または阻害して炎症反応に対して効果が期待できます。

外科的な方法では、粘膜をレーザー等で焼く症状に関連する神経を切断する鼻腔を広げるなど、症状を緩和させることができます。

しかし、ヒスタミンや症状を抑えられても免疫の過剰反応は続いているので、毎年悩まされてしまう可能性もあります。

根本的な治療として、花粉を注射または錠剤で摂取し、花粉に対してカラダを慣らして免疫の過剰反応を抑える治療があります。

実際に効果がでる内容ですが、2〜3年以上続ける必要や、スギ花粉・ダニのアレルギー反応を抑えるので他のアレルギーは変わらないなど、知っておく一面もあります。

 

なぜ免疫がこんなにも過剰反応する様になってしまったの?

 

実はそこには「ある内臓器官」が関わっています。

 

次回はそのお話をしていきましょう。

→花粉症、本当の原因!?

著者 Writer

著者画像
院長
中林 龍祐(ナカバヤシ リュウスケ)
生年月日:1991年2月18日 
血液型:A型 
出身:岡山県 
趣味:音楽鑑賞 ガンプラ作成 
得意な施術:姿勢矯正 腰痛 

ご来院される皆様へ一言:
皆様の悩みを解決して、なりたい健康(カラダ)に向けて進んで行きましょう!

(院長挨拶はこちらから)
 

当院のご紹介 About us

院名:(株)もあい みらい鍼灸整骨院
住所〒180-0022 東京都武蔵野市境2-3-20
ミリエールしろがね101
最寄:JR中央線「武蔵境駅」北口から徒歩4分 
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
20:00

9:00~12:30/
17:00~20:00

9:00~17:00
×
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日(偶数月→終日休診)(奇数月→午後休診)

【公式】みらい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント みらい鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】みらい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント みらい鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】みらい鍼灸整骨院院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中