武蔵境駅で受けられる安全・無痛の根本治療!骨格を矯正して体の痛みを土台から改善できる整骨院!

みらい鍼灸整骨院


姿勢と健康(テニス肘続編)

こんにちは!
柔道整復師・カイロプラクターの磯野です。
 
前回はテニス肘?のお話をさせていただきました。
痛みは肘に出ていましたが、問題は他にもありましたよね。
その問題には猫背に代表される姿勢が背景にありました。
 
今回のブログでは「姿勢を悪くする意外な要因」をお伝えしていきます。
この女性(わからない方は11/9のブログをご覧ください)が初めて来院されて問診をしている最中です。
テニス肘とおっしゃって来院されましたが、あまりにも姿勢が気になったので思わず質問してみました。
 
「○○さん、肘もつらそうですけど肩とか首もつらいんじゃないですか?」
「そうなんです。いつもつらいですが仕事が忙しくなると頭痛もしてくるんです。」
「へぇ、大変そうですね。どれくらい続いてるんですか?」
「いつからかわからないけど、仕事をしてからだから何十年前ぐらいですかね(笑)」
「そんなにつらい状態が続いたら、こういうところで施術も受けてますよね?」
「はい、でも治らないんでこっちはあきらめてます。」
「そうなんですね。こっちもついでに良くなってくれたらいいですね。」
この時はこれぐらいの会話だったと思います。
「あきらめてます」この言葉を笑顔で仰っていたのが印象的でした。
その後検査やチェックをしていくと、あるところが引っ掛かりました。
それは「お腹の硬さ」です。
この患者様は以前、虫垂炎(盲腸)から腹膜炎を経験されていました。
そこで手術の傷跡を触診すると、ものすごい硬さです。
お腹がものすごく硬ければ腹筋もうまく使えないでしょうし、背中を伸ばそうとしても硬さが邪魔をする可能性が高いな、と考えました。
テニス肘と姿勢の関連性を説明し、もしかしたら手術の痕が関わっているかもしれないと伝えました。
 
それを聞いた患者様は半信半疑でした。
当然ですよね。
もう治った、と言われているものを掘り下げられてるわけですから。
 
ですので、説明・納得していただいた上で施術の臨みました。
施術は「長野式鍼灸」で手術痕等を診ていく「傷治療」という鍼灸治療と「骨格矯正」を
軸にしていきました。
それに加えて悪くならないように「もあい式の姿勢指導」もしました。
最初はいい姿勢をするのも大変そうでしたね。
 
経過は、3回目ぐらいからお腹の柔らかさを実感すると共に肘の痛みがかなり良くなって
いました。
5回目ぐらいではお腹はかなり柔らかく、肘だけでなく肩こりもかなり楽になっていました。
 
7回目はあまりにも仕事が忙しく間が空いたため心配でしたが、予想よりもいい報告を聞けました。
 
それは、ずっとつらかった肩こりがかなり楽になり頭痛が出なかったこと、最初は大変だったいい姿勢を自然に維持できていました。
「あきらめないでよかったですね」
と伝えると元気よく
「はい!!」
と笑顔で仰っていました。
 
同じ笑顔でも最初のものとは全然違って見えましたね。
今回紹介した患者様は姿勢の問題の多くが「お腹」にあった方でした。
何より当たり前だと思ってあきらめていたものが改善してくださって嬉しく思います。

長く続いている症状でお悩みの方はいろいろな治療を試したり取り組みをした挙句、潜在的にあきらめている方がいらっしゃいます。
そういう方々が治っていただくために、もあいグループは常に技術を磨き続けて応えていけるよう学び続けていきます。
今後とももあいグループを宜しくお願い致します。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

みらい鍼灸整骨院のご案内

住      所:

〒180-0022
東京都武蔵野市境2-3-20 ミリエールしろがね101

アクセス:

JR中央線武蔵境駅から徒歩4分
(「スーパーたいらや」さん隣り)

お問い合わせ・ご予約
0422-52-7025
受付時間:

月・火・木・金:9:00~20:00
水:9:00~12:30/17:00~20:00
土:9:00~17:00

定休日:
日曜・祝日、第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ