9月 季節の変わり目にご注意を!

/

症状から記事を探す

9月になりました🍁

 

9月 いよいよ今年もあと3ヶ月となりました。

このまま秋になると思っていたら、急な気候の変化にカラダがついていきませんね。

9月は夏の疲れが残り、体調不良に繋がるケースが多いです!

自律神経を整え、疲労を回復させることがこの季節を乗り越えるポイントです。

秋モードにカラダを切り替えて、これからの気候に備えましょう!

 

なぜこの時期に調子が悪くなるの?

9月に体調不良になる理由は様々あります。

冷房による“冷え疲れ”

 

暑い夏を過ごすために使っている冷房。カラダの代謝を下げてしまうことで

新陳代謝が悪くなり、疲労が溜まってしまいます。

気候変動による急な度温差

 

カラダが温度差についていけず、だるさや不調を感じる原因に。

秋に向けて日照時間が減少

 

日光を浴びる時間も少なくなり、気分にも影響がでます。

次第に乾燥する空気

 

乾燥していく気候にカラダが気づかず水分不足に。肌のトラブルにもつながります。

自律神経がポイント

夏の暑い気候から秋にかけて涼しくなる中で、カラダは色々な変化に合わせて機能を維持しようと働きます。

その時頑張ってくれるのが自律神経です。

 

自律神経は血圧や体温などカラダの機能を調整してくれる役割があります。

動かしたい時はアクセルを踏み、休ませたい時はブレーキを踏む

そうやってカラダをコントロール・活動できる状態を維持してくれるんですね。

 

そんな自律神経ですが、実は苦手なことがあります。それは急激な変化です。

どんな環境だったとしても、カラダは機能を維持しなければいけません。

例えば体温。約36℃前後が基準値ですが、急に外気温が低くなったとしても体温を保とうとします。

保つためには自律神経がいつもよりも働かなければいけないので、疲れてしまいます。

 

カラダが慣れた頃にまた外気温が高くなってしまうと、そこに合わせて体温を維持しようとします。

このように急な変化が起きてしまうと自律神経に負担がかかり、

バランスが崩れてしまい結果体調不良に繋がってしまいます。

その変化が起きやすいのが9月なんです。

特に今年は気候の変動が激しいので、しっかりと秋を迎える準備をする必要がありそうですね。

 

秋モードにカラダを切り替えよう

そんなカラダを切り替えていくためには色々な方法があります。

カラダを温めること

とにもかくにもカラダを温める事が一番です!

運動

 

少し汗が出るくらいの運動が望ましいです。30分のウォーキングラジオ体操など、

取り組みやすい運動をしてみましょう!

食事

 

身体を温めるには生姜が一番です!

特に加熱した生姜は「ショウガオール」という成分があり、身体を芯から温めてくれます。

他にも消化吸収、胃腸機能の改善、免疫力アップなど、何から何まで万能です。

入浴

湯船にゆっくり浸かりましょう。

30分以上だと脱水気味になるので、水分を補給した状態、少しぬるめ(38℃)で入浴する方が良いです。

デスクワークで動かない方は、足湯もオススメです。深めのバケツを用意し、42〜3℃のお湯を入れて足を温めます。

ぬるくなったら、あらかじめ用意したお湯を継ぎ足すのを繰り返し、20分すると温かくなってきます。

睡眠を多く取ること

 

疲労回復には睡眠が重要です。睡眠時に様々な細胞が新陳代謝をして回復します。

少し暑くてもいつもより暖かい寝間着にしたり、布団を一枚増やすなど冷えないようにしましょう。

日光を浴びること

 

日光は骨の代謝・免疫に関わるビタミンDを生成したり、腸から分泌されるセロトニン:ハッピーホルモン

分泌促進する効果があります。室内にいる事が増えているので、太陽が出ている時は浴びに行きましょう。

水分補給

 

秋に差し掛かると気温が低くなり、水分を補給する機会が少なくなります。

水分はカラダの温度調節にも関わっているので、1.5~2リットルを目標にこまめに飲みましょう。

またハーブティーなど、カラダを温めながら水分補給もいいです。

マッサージをする

 

お家で過ごすことが多くなるので、筋肉が硬くなり、血流の循環が悪くなって代謝が低下しやすくなります。

マッサージやストレッチで筋肉をほぐして循環を良くしていきましょう。

リンパも意識してケアした方が良いので通り道である、鎖骨の下鼠径部(股関節の付け根)

太ももの内側膝裏ふくらはぎ内側をマッサージしてあげると巡りが良くなります。

ボディケア・鍼灸施術を受ける

 

自分でどうにもならない時は人の手を借りましょう!

特に鍼灸施術は血流循環を良くするのと同時に、自律神経の調整にも効果があります。

これからはじまる秋に向けて

 

ここ最近はコロナに合わせて気候の変化も著しいです。

健康を維持していくためにも、気候の合わせたカラダケアがポイントになります。

秋モードにカラダを切り替えて、これからの気候に備えていきましょう!

著者 Writer

著者画像
院長
中林 龍祐(ナカバヤシ リュウスケ)
生年月日:1991年2月18日 
血液型:A型 
出身:岡山県 
趣味:音楽鑑賞 ガンプラ作成 
得意な施術:姿勢矯正 腰痛 

ご来院される皆様へ一言:
皆様の悩みを解決して、なりたい健康(カラダ)に向けて進んで行きましょう!

(院長挨拶はこちらから)
 

当院のご紹介 About us

院名:みらい鍼灸整骨院
住所〒180-0022 東京都武蔵野市境2-3-20
ミリエールしろがね101
最寄:JR中央線「武蔵境駅」北口から徒歩4分 
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
20:00

9:00~12:30/
17:00~20:00

9:00~17:00
×
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日(偶数月→終日休診)(奇数月→午後休診)

【公式】みらい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント みらい鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】みらい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント みらい鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】みらい鍼灸整骨院院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中