アルコール代謝について①

/

症状から記事を探す

こんにちは

緊急事態宣言も終わり、少しずつですが通常の生活が戻ってきました😀

これからの季節クリスマス🎄や忘年会🥂、新年会🍶などお酒を飲む機会も多くなる方も多いのではないでしょうか?

アルコールを飲んでワイワイするのはとても楽しいですが😆、飲みすぎは二日酔い頭痛胃もたれ

さらには脂質異常症糖尿病など生活習慣病のリスクがあります😣

なので今回はアルコールの代謝についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

アルコールの効果

少量であれば

血行促進

ストレスの発散

●人間関係の円滑化

●善玉コレステロール(HDL)を増やす

などいろいろなメリットがあります😃

 

 

ただし、一定の量を超えるアルコールは生活習慣病などのデメリットがあります。

では一定の量ってどれ位なのでしょう?

 

生活習慣病のリスクの高まる飲酒量

男性…40g、女性…20g

●ビール

男性…ロング缶2本、女性…ロング缶1本

●酎ハイ(7%)

男女とも…350ml缶1本

●日本酒

男性…2合、女性…1合

です。

 

 

なんか以外と少ないですね…😅

どちらにしろ、たまに休肝日を決めて少量に抑えることが理想のようです💦

次にアルコールの吸収と分解について書いていきます!

 

アルコールの吸収と分解

お酒など口から入ったアルコールは胃で20%、残りの80%は小腸から吸収されます。

吸収されたアルコールは血液によってアルコールは肝臓へ運ばれます。

肝臓に運ばれたアルコールはアセトアルデヒドという有害物質へ分解されます。

アセトアルデヒドは分解酵素によって無害な酢酸という物質に変わり全身を循環したあと二酸化炭素になり

体の外へ排出されます。

また、肝臓で分解されなかったアルコールは心臓へ運ばれ、全身を循環したあと再び肝臓へ戻り分解されます。

*アセトアルデヒドとは?

アルコールが分解されてできる有害物質。

アルコールを飲んだ時、顔が赤くなったり頭痛吐き気動悸の原因になる物質です。

 

 

アルコールの分解スピード

個人差があって人それぞれですが、一般的に日本酒1合(ビールロング缶500ml)のアルコールを分解するのに

3~4時間かかるといわれています。

たとえばビールのロング缶3本飲むと、アルコールの分解に9時間かかることになります。

そうすると翌朝にも体にアルコールが残っていて、寝ている間もずっと肝臓が働き続けます。

なんか体や睡眠にあまり良くなさそうですね😣

 

 

酔いとは?

血液に溶け込んだアルコールが脳へ運ばれ、脳がマヒした状態

血中のアルコール濃度で判定します。

アルコールが体の中に入ってから30分後にピークになります。

 

 

今回はアルコールのメリット、デメリット、分解や代謝について主にお伝えしました。

次回はアルコール分解の個人差、健康被害やサプリメントについて書きたいと思います😃

著者 Writer

著者画像
スタッフ
大澤 利道(オオサワ トシミチ)
生年月日:1977年8月11日 
血液型:O型 
出身:宮城県 
趣味:音楽鑑賞 ダンス ビリヤード 
得意な施術:腰痛・骨格矯正 

ご来院される皆様へ一言:
皆様が好きな事が出来て、悩みなく生活できるように全力を尽くします!
 

当院のご紹介 About us

院名:みらい鍼灸整骨院
住所〒180-0022 東京都武蔵野市境2-3-20
ミリエールしろがね101
最寄:JR中央線「武蔵境駅」北口から徒歩4分 
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
20:00

9:00~12:30/
17:00~20:00

9:00~17:00
×
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日(偶数月→終日休診)(奇数月→午後休診)

【公式】みらい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント みらい鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】みらい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント みらい鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】みらい鍼灸整骨院院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中