武蔵境駅で受けられる安全・無痛の根本治療!骨格を矯正して体の痛みを土台から改善できる整骨院!

みらい鍼灸整骨院


痛むことを通して気づいたこと

こんにちは!
柔道整復師・カイロプラクターの磯野です。
 
突然ですが、3月1日付で東小金井本院に異動となります。
ですので、ここで書かせていただくブログは今回が最後になります。
 
みらい鍼灸整骨院での最後のブログテーマは「痛むことを通して気づいたこと」です。

私にも痛む箇所があります!

いきなりですが、私には痛むところがあります。
それは右の股関節の内側です。いわゆる大雑把に内転筋群と呼ばれる箇所になります。
 
痛むようになったきっかけも覚えています。
忘れもしない13年前、専門学生の時武蔵野市の体育館で筋トレに励んでいました。
股関節を内側に力を入れるマシーンを使っている時、右の股関節に「ブチッ」という音がしました。
そこからしばらく歩いても痛む状況が続きます。
痛みが弱くなり、股関節からお尻にかけて続いていましたが「そういうものだ。」と思ってそのままにしていました。
それから今まで…特に股関節は問題ありませんでした。
しかし、この痛む状況と向き合う時が来ました。

向き合う理由

私は去年から古武道を習い始めています。
古武道は実際に習ってみてわかったのですが、股関節の動きがかなり重要です。
普段動かさない動きをしていて、以前怪我をしたところが痛むようになりました。
このまま稽古を続けるのは嫌だな…と思い、自分で克服しようとトレーニングを始めました。
その時にハッとしました。
なぜならば自分の体の中に新しい感覚があったからです。
久しぶりに股関節が後ろに引ける感じがしてきました。

簡単トレーニング

ちなみに行ってみたトレーニングは、このように結構簡単です。
座って股関節を曲げるだけ!

背筋を伸ばして、膝を真っすぐ向けてあげてくださいね。
股関節を90度以上曲げると腸腰筋が働きます。それと一緒に恥骨筋も働きます。
腸腰筋とは姿勢を保持するインナーマッスルとしてお腹の深いところを通る筋肉です。
デスクワークの方、姿勢が良くないな、と感じる方にオススメ!
 
そう考えると痛めていたのは恥骨筋や長内転筋、腸腰筋も少し関わるか…、など
あれ?もしかして今までお尻から太ももの裏が痛だるかったのは、痛めたところが硬くなりすぎて本来の動きができていなかったのでは…、動かせるようになったのはトレーニングをして筋肉に神経と血の流れが良くなっていったのでは…、と考えが前進しました。
自分で納得すると、どんどん動きたくなる気持ちが膨らみました

気づいたこと

今回、自分を通して気づいたことはまとめると2点です。
・自分の身体はわかっているようでわかっていないこと
・痛いだけでは案外行動をしないこと

もっと早くケアしていたら、努力をしていたら、と思いましたが過去には行けないですよね。
その分「現在」から「未来」に向けて頑張ろうと心に決めました。
このブログを読んでくださった方が自分の身体を見つめなおす機会になって下されば幸いです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

みらい鍼灸整骨院のご案内

住      所:

〒180-0022
東京都武蔵野市境2-3-20 ミリエールしろがね101

アクセス:

JR中央線武蔵境駅から徒歩4分
(「スーパーたいらや」さん隣り)

お問い合わせ・ご予約
0422-52-7025
受付時間:

月・火・木・金:9:00~20:00
水:9:00~12:30/17:00~20:00
土:9:00~17:00

定休日:
日曜・祝日、第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ